モーターの性能差もレースの影響するのも基本

モーターの性能差がレースに影響する

選手間でのモーターやボートの条件は同じですが、あくまで「ほぼ同じ」というレベルです。
実は、モーターごとに少し性能差があり、コンマの世界で争うボートレースではその「少しの差」がレースの勝敗を決めることもあります。
そのため、選手はその小さな差を生み出すために、それぞれが自分の走りやすいモーターに整備します。
レースの出走表を見ると、「モーター勝率」という、モーターの性能の差を見極めるための指標が記載されていますが、各レーサーの整備によってモーターが化ける可能性もあるため注意しておきましょう。
ちなみに、モーターの2連対率(2着以内に入る率)が40%を超えている場合は調子が良いモーターと考えてよいです。
2連対率が50%を超えている場合は超抜モーターと言われたりもします。

スタートから1週目第1ターンマークを過ぎるまでを予想

競艇は6艇しかいないとはいえ、具体的にどのように予想すれば良いかわからないという方もいるでしょう。
競艇は1周目の第1ターンマークでほぼ勝敗が決する競技なので、スタートから1周目第1ターンマークを過ぎるまでを予想できれば問題ないです。
そう考えると少しは予想しやすいのではないでしょうか。
初めは、いくつもレース動画を見て、それぞれのコースがどんな展開で勝つのかを覚えていくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました